非二元(ノンデュアリティ)は宗教じゃない

「私たちは一人の個人じゃない。みんな繋がっていて、あるのは愛だけ」
そんな非二元的な言葉を聞いて、それを強く信じ込もうとしているなら、それは信念の強化=「信仰」であり、非二元(ノンデュアリティ)の確認ではない。

非二元の気づきは、誰もが直接的に確認できるものであり、信じなくては存在が揺らぐようなものではない。
非二元は、宗教ではないからだ。
もし、非二元を信じようとしてやっているなら、それはたちまち「非二元教」という新興宗教になってしまう。

救いを求めて、非二元を頭(思考)で理解しようとしている限り、何年たっても解放は起きない。
なぜなら、「私は一人の個人だ」という思い込みを信じたまま、その思考体系の中に、「個人の私はいない」という相容れようのない非二元のメッセージを取り込もうとしているからだ。

お知らせ
自分と他人、自分と世界の分離がないことを直接確かめてみたい方は、非二元の個人セッションをお受けください。

カテゴリー: 非二元・ノンデュアリティ パーマリンク